にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生か死か?いや、そうではないのだ。

生きるべきか、死ぬべきか。
それが問題だ。

そういったのはシェークスピアでしたが、
今回はそれとはちょっと違います。

Quality of Life
Quality of Death

生活の質。かたや、死の質。
どちらも注目されています。
どちらがより重要かなど答えは
出せないと思います。

生きることと死ぬことは分けて考えられないからです。

では、Quality (質)をどう捉えたらよいのでしょうか?
私はこう考えます。

Quality of now(今ここ)

今の連続が未来となり、その過程として死がある。
だから「今ここ」を考えることが生死を分けへだてることなく、その質に目を向けることができるのではないでしょうか。

生きる過程において、何も出来ない時があります。でも、「今ここ」に共にいることができるか?そこが重要なのです。

Quality of now

これからのキーワードになってくるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2016/03/21 00:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

介護はデカルトから脱却できる

・・・突然閃いた

「我思わずとも、我あり」

この一言が世界を変えるかもしれない。

「我思う、ゆえに我あり」

この呪縛から解き放たれるだろうから

人はそれほど万能でもなく、なにも支配など出来ない。

死は平等に訪れ、いのちは廻ってゆく。


我思わずとも我あれば、人は謙虚にそして自由になれるのではないだろうか?
[ 2016/02/29 23:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

やはり介護は基本が大事

先日、ベッドでのポジションニングの確認を行うべくある施設に同行診療しました。

そこで感じだことは、まだまだ介護の基本が分かっていない現状が当たり前にある。
なぜこの介助が必要か説明できないで試行錯誤している。
なにか違うけどどうすればいいかわからない。会議はするけど誰にも答えが出せない。
そういう悩ましい状態がありました。

そこでお二人ほどポジションニングの実演を行ない、筋緊張を取りリラックスした状態を引き出しました。

やはり、結果を出さないと説得力はありませんから。

上手くいって良かったです。

そこで施設ケアマネから事例指導の依頼を受けました。
継続的に介護指導してもらいたい。引き受けてもらえないか?と申し出でがあったのです。

私としても指導ノウハウの研鑽となります。二つ返事で引き受けました。

これからの介護職のあり方を共に作り上げていけたら嬉しいです。
頑張ります!

とりあえず、今日はこれまで。
[ 2014/03/15 12:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

井の中の蛙の何が問題か?

 お久しぶりです。
なんとなく手が進まず、気がつくと1ヶ月も書き込んでいませ
んでした。
考えることは色々あったのですが、ありすぎて書けなかったの
かも?
前回の「3つのカン」のことから突き抜けることが出来ない
「自縄自縛」のような感覚が取り巻いていたようです。
自分自身「もっと高く!もっと早く!」なりたい気持ちが内心
渦巻いていたのでしょう。
そのもどかしさゆえ、ブログで語ることが出来なくなっていた。
振り返ってみるとそう思えます。

「3つのカン」の理論が、介護職になるための前提として自分
のなかで完成してしまったようでちょっと満足してしまったの
かもしれません。

こういう言葉をきいたことがあります。
「技術をとめるな、それは完成ではない」パイロット(筆記具)
の創業者の言です。

そう、初期理論の完成などしてはいないのです。自己満足で足を
とめてはいけないのです。
まだまだ日々の仕事の中で気付いていないことはあるでしょう。
もっともっと学ばねばわからないことに溢れています。

さて、「井の中の蛙」という言葉をモチーフにこういう記事が
あります。介護職を叱咤激励する愛情のある激文です。
私も心動かされました。> 

たなかいご 介護たなかの気ままなブログ。@新潟

この仕事を大事にして、もっといい仕事をしたい。
目の前の人に元気になって欲しい。そういう思いのある人ならば
うなずき共感する内容だと思います。
私もこの人(たなかいごさん)には励まされ勇気づけられています。
私の大事な友人です。

このブログ記事を読んでいて、ふと危惧したことがありました。
人によっては読んでいて辛くなる人もいるだろう。
「高く 高く 上を目指す」その姿勢について行けない人もいる
でしょう。
だから、ウエッティ流に補足記事をUPしてみようと思いました。

「井の中の蛙」であること。それ自体を卑下する必要はない。
ただ、今の職場で考えることをやめ、目を閉ざし、耳を塞ぎ、
何も語らない。その姿に慣れてしまってはダメなのだ。
ぬるま湯にツカッた「ゆでガエル」でいてしまってはダメなのだ。

そう、「井の中の茹で蛙」でいてはダメなのだ。

ならば、井戸を飛び出す勇気と気概(きがい)を持てない人は
どうすればいいのか?
飛び出す勇気を持てるまでにはどうすればよいか?
「自分の施設を変えるなんて出来ない」と思ってしまった人に
はどうすればいいか?

それは「井の中の蛙」をもっと極めること。そのことです。

自分の周りをよく見ること。
外に出るぞ!と空を見上げていることに気持ちがとらわれて、
井戸の周りをよく見ることを忘れてはいやしませんか?

井戸には「深い底」があるのです。

プカプカ浮かんでいるだけが「井の中の蛙」ではありません。
深い底まで潜って潜って、井戸のなんたるかを知ること。

自分の仕事を「深堀り」してみるのもひとつの方法だと思うのです。

高い理想や、自分で学んだことが職場で発揮できなくて、
自分の想いで自分を縛り付け、苦しんでいることもあるかも知れません。

そういう時は、ちょっと「ずる休み」してもいいかもしれません。
ちょっと理想を置いて、周りを見渡してみる。そして硬くなった自分も
緩めてみる。
そして、出来ることから手をつけてみる。
ダメでも焦らず、諦めず「井戸の底」を叩きつづける。

そうして力をつけられた時、井戸の外へでて「大海」を知る。

・・・言っていることがたなかいごさんと一緒ですね。

いずれにしても今の私にとっては

「技術を止めるな、それは完成ではない」

この言葉が「井の中の蛙、大海を知らず」
この戒めにつながっているように思えます。

自分の理論に酔って「ゆでガエル」にならないように。

そう、まだまだ介護の大海を知らないウエッティです。

今日はこれまで。

[ 2013/04/10 12:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

今日は何の日?

今日は何の日?でブログを書こうと思ったのですが
すでに先おここされてしまいました。
それもインパクトが炸裂しています!

http://http://tanakaigo.blog105.fc2.com/

まぁ、こちらはこちらのお話を進めていきましょう(笑)

さて、今日は何の日?ですが、言わずと知れた?
《介護の日》です。
どうも業界内でも浸透度は今ひとつ。
だって、いい日いい日 という語呂合わせですから
安易です。絶対この日でないといけない!!という
必然性がまったく感じられません。
その点、「誕生日」であれば必然性100%ですね。

そこで上記のたなかいごさんは胸がドキドキするような
人を登場させているのですが、私は渋く行こうと思います。

まずは一人目、お隣の石川県の偉人「鈴木大拙」氏です。
欧米に仏教を知らしめた方です。
著書「東洋の心」ではこのようなことを記されています。
「知識を超えて知識のもとになるものを掴むと同時に、
その知識になって出てきたものを広い範囲においてよく
考え合わせ行動にかかる。いちいちの行動においては
そういうことがなくても、われわれが社会的に動く場合
においては、そういうものをかんがえなければならない。
東洋の考え方、感じ方の特質は一本一本の指を考えないで
こぶし全体を考えるのだが、それに固執して一つ一つを
忘れていては困る。特質は特質にして西洋から受け取れる
ものは受け入れる。しかし、その元をよく考えて受け入れ
るべきで、そうでないと大きな損をすることになるだろう
と思います。損をするということは、本当に日本国民の
ためにならないということなのです。」

このあたりのものの考え方がドラッカーのマネジメントに
通じてくるように思えます。フレームワークの捉え方など
同じようなことを言っていますから。

そしてもう一人、「養老孟司」氏です。
氏は文明の持つものと生物としての人間を対比し、命あるもの
は人の手でどうこうできるものではない。
「ああすればこうなる」といかないのが命である。未だに
科学は死んだものは生き返らせない。
子どもの成長も思い通りにしようとすることが間違い。などと
言われています。
そういえばこういう記事を書いていました。

http://uenokisou118.blog.fc2.com/?q=%E9%A4%8A%E8%80%81%E5%AD%9F%E5%8F%B8#entry42

偶然、このお二人の著書を読んでいました。
同じ誕生日だったんですね!


こうしてお二人の思想思考を見ていると、いまの介護福祉政策の
先の見えなさに情けなくなります。
根本的な「このさきどうしなければいけないか?」が霞んで
省益に焦点が集まり、国民(ご利用者・家族・職員)が置き去り
のように思えてしまいます。

まったく「いい日いい日」ではない現在と未来が見えてきます。
そんな「懐疑的」な「介護の日」です。

そうとはいいますが、記念日を決めて知らしめることは
間違いではないと思います。
要は、その内容ですね。

今日はこれまで。

[ 2012/11/11 12:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。