にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

海外駐在は危険がつきまとうのか?

今日はもうひとつ

前回の記事の末尾でこう言いました。

何のために発想の転換をするのか?その意味と、それを支える
行動、その行動を起こす決断力。そういったものが現場を変え
ていくのだと考えます。

その行動を起こす決断力で思い出したことがあります。
海外でのユニフォーム販売に奔走していた頃のことです。
ユニフォームの購入は日系企業といえど現地調達であるため現
地社員の発言力が大きいのです。つまり現地社員にとっては美
味しい既得権なのです。そこへ日本人がユニフォームを売り込
みに来る。今までのやり方が通用しなくなる。正直言って私は
邪魔な存在なのです。
でも上司である工場長やボスから話を聴けと言われたら無視で
きない。彼ら彼女らも困ります。
そこで無理難題をだしてくるケースもありました。契約を決め
るべく、協力工場に縫製のオーダーを進めていた時、その工場
のオーナーに可愛がられていたせいかこういう忠告を受けまし
た。「ウエッティさん、この国では人の命は安い。簡単に殺し
屋が雇える。あまり強引に契約とったら危ないよ。」たしかに
そういう国です。はやく事業を軌道にのせたい一心で周りのこ
とが見えていない面もあったのかもしれません。
なにかやり通そうとする時、ある意味で狂となり侠の心で突き
進む信念がなければ、マイナスの面に引きづられたり、迷いに
心が揺れて歩みが止まったりすることがあります。
「まずやる!」の一心で決断してきたので、「死んでもやるぞ」
という気概が怖さを感じさせなくしていました。
ただ、心の警戒機能は、周りをよく見る余裕を取り戻し、事な
きを得ました。
夜の街をほっつき歩くこともしていましたが、よく強盗に会わ
なかったものです。でも海外で生活しているとどこかで緊張感
はありました。危ないところには行っていませんでしたから。
とは言うものの運が良かっただけかもしれません。車で移動中
に銃声が聞こえて雇っているドライバーが驚いたこともありま
した。治安のいい街中でもそういう世界が隣り合わせていたの
です。

海外駐在をしている方々は不安だと思います。そして帰りを待
ちわびるご家族の方々お気持ちを考えると粋がって突っ張って
仕事をしていた自分が小さく見えます。
アルジェリアのことは他人事に見えませんでした。出来うるな
らばご遺族の方々への取材・報道は控えて頂きたいものです。
それでなくてもつらいでしょうから。
報道に携わる人たちにもアルフォンス・デーケン先生の「悲嘆
のプロセス」を知ってほしいです。

結局何が言いたかったのだろう。

決断することには覚悟が必要だ。
そして決断にはリスクが伴う。
だからこそ決断し、行動する者の勇気を知ってほしい。

今は、アルジェリアで亡くなられた(日本人ばかりでなく)方々
のご冥福をお祈りしたいです。

今日はこれまで
スポンサーサイト
[ 2013/01/26 22:51 ] 死生観 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。