にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

介護職の可能性を考える

久しぶりの記事更新です。

いま、初任者向けで介護職とはなにか?講義するために
資料作成に取り掛かっています。
基本は拙「介護職のフレームワーク」の理解を主軸に考えています。

まずは受講者の人の「介護職のイメージ」と「どうなりたいか」を
聞いてみようと思います。
そして講義を終えたところで再度同じ問いかけに答えてもらい、この
仕事のことを根本から考える時間にしていきたいです。

もちろん、少し「プロの実技」を紹介しながら、素人とプロの実力
の差を実感する時間も取りたいと考えています。

語ると止まらなくなり時間オーバーは目に見えていますので(ホントに)
なるべく言葉を削って、「自分で考えてもらう」講義にしようかと
思います。
どうしても私の思いの押しつけで思考停止してしまいかねませんので(ホントに)

それでは、スライドの一部を公開しておきます。

フレームワーク立体3-1

フレームワーク立体3

フレームワーク立体3中段

フレームワーク立体3下段

フレームワーク立体3柱2

3つのカン

心技体

3時間の枠の中で講義を行いますので、フレームワークの全体像は紹介するくらいになるでしょう。
それ以前に、介護の主軸(緑色の柱)と下段の五角形を中心に話を進めて行こうと考えています。

まず、介護職の「心」=マインドのところから「考えて」もらいたいからです。
基本が理解されなければ、このフレームワークの持つ意味や世界観は難しすぎるでしょう。

ノートルダム寺院を建設する石工の話も交えながら話を進めようと考えています。

(中堅者向けで話したら・・・果たしてどのくらいの時間が必要だろう。というよりまだまだ各項目の概論もできていないし)

まだまだ道半ばです。


では、
今日はこれまで。
スポンサーサイト
[ 2013/09/08 19:38 ] 介護論 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。