にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地域包括ケアは介護福祉士がポイントになる

お久しぶりのブログ更新です。
先日、日本介護福祉士会主催の
東海北陸ブロックリーダー研修
に参加してきました。

多職種連携に置ける介護福祉士
の役割がテーマとなっていまし
た。主として「医療と介護」。
在宅生活を継続する上において
は、この二つの職種の連帯は不
可欠です。


そこで問題になるのはお互いを
知ること。
共通の目的を持ち、共通の言語
でコミュニケーションすること。

ただ、そこで介護福祉士の役割
の一つは、「利用者・家族の代
弁者」でいることです。
多くの専門職が理解できる言葉、
根拠を持った言葉が持てるかです。

その為には、介護福祉士は広く
て深い領域の知識を持っていな
ければなりません。

それを視覚化したものが下記の
フレームワークです。

これも内容を更新して6回目
となります。これからも変わって
行くでしょう。
ただし変わるのは手段としての
技術であって、本質は変わらな
いと思います。

これからも現場からの思索は続きます。

では今日はこれまで。
フレームワーク6
スポンサーサイト
[ 2014/11/24 13:50 ] 介護論 | TB(0) | CM(6)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。