にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生か死か?いや、そうではないのだ。

生きるべきか、死ぬべきか。
それが問題だ。

そういったのはシェークスピアでしたが、
今回はそれとはちょっと違います。

Quality of Life
Quality of Death

生活の質。かたや、死の質。
どちらも注目されています。
どちらがより重要かなど答えは
出せないと思います。

生きることと死ぬことは分けて考えられないからです。

では、Quality (質)をどう捉えたらよいのでしょうか?
私はこう考えます。

Quality of now(今ここ)

今の連続が未来となり、その過程として死がある。
だから「今ここ」を考えることが生死を分けへだてることなく、その質に目を向けることができるのではないでしょうか。

生きる過程において、何も出来ない時があります。でも、「今ここ」に共にいることができるか?そこが重要なのです。

Quality of now

これからのキーワードになってくるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2016/03/21 00:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。