にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福祉用具に頼らない「持ち上げない介助」は可能か?

新人職員の頑張っている姿は眩しいです。
しかし、「腰が痛くて辛いです」と聞くと
改めて、どういう介助技術を持っているかが
重要であると思います。

教育が重要なのですよね。

しかし、職場環境を見ても福祉用具が充実しているとは言え
ない状態で、どれだけ「持ち上げない介助」ができるだろうか?

意外にも、レアケースを除けば、ほとんどの人は「持ち上げなくても」
介助はできるのではないかと思うのです。

それには当然「技術」が必要になります。

また、日頃の介助姿勢も大切になります。
(腰高でトイレ介助したり、ベッド-車椅子移乗したりでは・・・)
これは技術以前の問題です。
ここができていないと「技術」を学んでも実践に結びつきませんから。

とは言うものの、
移乗する際に低床ベッドやスライディングボード、手すり可動車椅子
は必須ですが、そうでない場合はリフトが欲しいところです。

しかし、リフトはない。

ではどうするか?

よくあるパターンは「二人介助でえんやこら」移乗でしょう。

しかし、これでも「持ち上げて」います。

ではどうすれば介助者に負担のかからない、そしてご利用者も安心な
介助ができるのでしょうか?

ポイントは、
「重心の位置」と「腕」と「膝」の使い方
にあると思います。

これはまだ視覚化出来ていません。
したがって図表もありません m(_ _)m



実際にデモンストレーションしないとわかっていただけないと思います。

単純に「力技」ではありませんし(私自身腰痛持ちですから)、

かと言ってご利用者の姿勢と筋力を引き出すだけでもありません。

ある意味、介助者の「体術」的な技量が必要になるからです。

しかし、そんなにむずかしいことではありません、たぶん。


しいて言えば、
甲野善紀師の古武術と
田中義行師の潜在力を引き出す介助の
融合と発展でしょうか。

こんなことを考えている私はマニアックなのでしょうか。

私の作成した図表を見て「マニアックな作り」と
おっしゃる方もおられましたから(笑)

いずれにしてもリアルな介護研修会を行ってみたいものです。


今日はこれまで。


スポンサーサイト
[ 2013/04/21 23:47 ] 介護技術 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uenokisou118.blog.fc2.com/tb.php/102-3ab6e87e







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。