にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マネジメントと介護職の職業観

改めてマネジメントについて考えてみたい
と思い、ドラッカーの「マネジメント」
を読み返してみました。

ドラッカーはこう言っています。

『企業や法人の目的は

    「顧客の創造」である』




もうすこし福祉業界に引き寄せて
考えてみました。

「顧客の創造」とは何か?


目に見えていなければ「顧客」はいない。

目に見えない?

ニーズが見えていない?

本来「顧客」でありえる人が
「顧客」として見えない。

これは私たちの「顧客」ではない、と
見過ごしていないか?


それは私たちの能力がないから?

技術が磨かれていないから?

いや、それ以前の問題があるのではないか。
ニーズの捉え方ができていないのではないか?

そのためには何が必要か?



もしかしたら「教養」の視点が欠けている
かもしれない。

職業人として、と言うより「人」として
生きる上での心構えのようなもの。

それが必要なのではないか?

その上で職業としての「目的」は何だろう。


例えば介護福祉士の職業とは何か?



職:生活の直接支援職

業:命に寄り添うサービス業
(以前の表現は:命を預かるサービス業)


この職業観を見るに付け、
幅広い知識と深い専門技術が
必要なことが見えてきます。


だからこそ、「教養」の
捉え方が大切になってきます。



脳科学者の茂木健一郎氏は

「教養は生きる上での道しるべ」だと

次のように言っています。


『「教養」とは、一生をかけて必死に

なって醸成していくべきものである。

何が起こるかわからない人生において、

生きる上での道しるべをあたえてくれる

ものである。

それは、万人にとって必要なもの。

決して、机に座って本を読むことによって

のみ身につくものではない。

私たちが生きる上で時々刻々経験すること。

その細やかなひだの中から、次第に醸成さ

れてやがて血肉になるのが教養である。

~教養を身につけるということは、

すなわち、自分がどれくらいものを知らな

いかということを自覚しているということ

である。

それでいて、決して投げやりにはならない

ということである。

未知なものに対して、積極的に、かつ真摯

に向き合う。

そのような態度を身につけていることが、

教養、すなわちコモンセンスなのである。』

(林望、茂木健一郎共著 『教養脳を磨く』より)




こうして見ると、

「教養」とは「生き方」の指針になってくるの

かもしれません。



日頃、介護職には「知識と技術」が必要

だと、そう言っていますが、それはあく

までも「手段」としての「知識と技術」

選択肢を広げるためのもの。

介護職としての「目的」がまずなければ
ならない。



「生き方」としての「教養」と
「手段」として「知識と技術」。

そこには「利用者視点」が不可欠です。

それを踏まえて、
先に挙げた職業観を考えてもらいたいです。



今日はこれまで。




スポンサーサイト
[ 2014/05/05 10:46 ] マネジメント | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uenokisou118.blog.fc2.com/tb.php/124-5c06fcdb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。