にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生か死か?いや、そうではないのだ。

生きるべきか、死ぬべきか。
それが問題だ。

そういったのはシェークスピアでしたが、
今回はそれとはちょっと違います。

Quality of Life
Quality of Death

生活の質。かたや、死の質。
どちらも注目されています。
どちらがより重要かなど答えは
出せないと思います。

生きることと死ぬことは分けて考えられないからです。

では、Quality (質)をどう捉えたらよいのでしょうか?
私はこう考えます。

Quality of now(今ここ)

今の連続が未来となり、その過程として死がある。
だから「今ここ」を考えることが生死を分けへだてることなく、その質に目を向けることができるのではないでしょうか。

生きる過程において、何も出来ない時があります。でも、「今ここ」に共にいることができるか?そこが重要なのです。

Quality of now

これからのキーワードになってくるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2016/03/21 00:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

Quality of Now

心に通じるお話をありがとうございます。私は介護のお仕事をしていますが、そろそろその先の事も考えはじめています。
Quality of Now. とてもいい言葉をおしえていただきました。
前にもコメントさせていただいたと思いますが、上野さんのお話は、ほんとうに心にすっと入ってきて、私にヒントをくださいます。
[ 2016/03/25 22:56 ] [ 編集 ]

Re: Quality of Now

コメントありがとうございます。
介護職が自分の仕事はどういうことか?その根本を持つことにつながれば、他職種との連携も自信を持っていけると思うし、迷った時の指針となると思うのです。
なかなか介護の仕事をする続けるのは大変です。事業所によっても全く違います。貴女の想いと合う経営者・職場があるといいですね。私も努力する中で他の経営者に認められ、今の職場で働いていますから。他でもない自分の人生です。後悔なく生きてください。
[ 2016/03/27 21:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uenokisou118.blog.fc2.com/tb.php/131-7b0e0137







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。