にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コンサルタントの神様も言っているのか

どうもエロネタまですべっているウエッティです。

ひねり過ぎで無反応のようでした・・・でも撫でるのは得意です(爆)


さて、前回は吉田松陰先生の教えについて語りました。

「褒めて育てる」。

すると自分から学ぼうとするのでしょうか?
例えば、
「日本で最も人材を育成する会社」のテキストの著書である
酒井穣氏はこう言っています。

「人は教えようとすると学ばなくなる生き物だから
 自ら学ぶようにしむける仕組みをデザインするのが
 人材育成の本質」だと。

だから松陰先生は「ほめる・伸ばす・させてみる」ことを
重視したのかもしれません。

一方、教える立場で働きかけるのでも、「今のあなたはどうですか?」
とたずねているのは、あの船井総研の創立者である船井幸雄会長です。
成功するには法則があるよ。今の自分はどうか確認してごらん。
そして7つの成功法則を語っておられます。

1:プラス思考であること
2:好きであること
3:はっきりとした目標があること
4:目標がお金や地位でないこと
5:目の前のことに一緒懸命取り組むこと
6:正しい思いをもつこと
7:常識にとらわれないこと

こうしてみると「そんなこと分かっとるわい!」と言えそうな内容です。
でも、なかなかこうは行きません。
だって、人間って「欲」があるじゃないですか。
だから自分の気持ちに縛られて素直に(法則通りに)やっていけません。

だからみんながみんな成功出来ないのかもしれませんが。
日本には昔から「公」を重んじる文化がありました。
無私であるとか義であるとか、そういう自分を一歩引いて勘定に入れる。
ある意味「損」をするような考え方です。

成功するためにはそういう姿勢が必要なのかもしれません。
とすると、ここで言う成功とは「理想を追い求める」ことに力点が
あるように思います。
すると逆説的に成功が訪れるのかも。「情けは人の為ならず」ですね。

だからこそ福祉介護の世界にはマッチした示唆かもしれません。
しかしこの成功法則を若手職員に尋ねても「別に…」と無反応な気が
しないでもありません。
でもそれは本当に無気力なのか?ただ意識が育っていないだけじゃないのか?
かくいう私自身、諸先輩方からそう思われていたのか?とも思うのです。

だからこそ、「自分から学ぶようにしむける」が出来たらいいなと考えます。
介護の面白さをもっと感じてもらいたい。そこには責任や人の死が避けられないけど。
だからこそやりがいがある。と気付いてほしいのです。

いかんいかん、こんなときこそ「プラス思考」だ!


*そのためには介護業界にはプライドと報酬が得られる未来が必須でしょう。
 だから目の前の人との関わり方を今すぐ考えていく必要があるのです。
 そうではないでしょうか?

 だって・・・・・・・ご利用者は待っていられない。
スポンサーサイト
[ 2011/08/21 23:15 ] 教育 | TB(0) | CM(2)

No title

褒めて伸ばす



人によりますw

これがまた難しいw

男性の方が乗せることは上手でしょうが、

女性の方が人を見抜く力は高いですw

けんけん怒るけどw
[ 2011/08/23 01:07 ] [ 編集 ]

きみきみ様

> 女性の方が人を見抜く力は高いですw

確かに。
観察力が違うもの。
よく言うじゃありませんか。「男の浮気はすぐばれる」。

そうそう、女性スタッフばかりの部署の係長の時は
すご~く気を使いました。

でも女性の方が、信じてくれるとすごく働いてくれます。
男を伸ばす場合と
女を伸ばす場合は
すこし働きかけが違うようです。
[ 2011/08/23 01:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uenokisou118.blog.fc2.com/tb.php/19-63d005fd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。