にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

意識化することとインスピレーション

やっぱり一杯飲んでます。ウエッティです。

今回の夜勤での「落ち着いて過ごして頂く作戦」・・・善戦しました。

やはりその時のそのご利用者の状態を見ての瞬時の判断、
情報の蓄積によるインスピレーションを働かせる。
その根本はご利用者の視線に立つ「介護感」が重要だと思いました。

昨夜の例では、夕食後、落ち着きがない兆候が見えられる行動的なご利用者。
居室の前がTVのある憩いの場だったので、急きょ畳を敷いて横になってもらい、
TVを見ながら服薬を勧めました。しばらくして明りも消すと・・・自然に眠られました。

 実に気持ち良く一晩眠られました。

(畳は片付けようと思っていたのですが何か使えないかな?
 と思って倉庫に入れておかなかったのです。)

たぶん、この方を「この状態はいつものことだから仕様がないや」と見過ごしていたら
眠りに入れず廊下を歩きまわられたり、他の方の部屋に入られてトラブルになったりする
ことが考えられます。

過去の畳の生活やTVの音や光が気を紛らわせて、自然と眠られたのでしょう。
その場に誘う声掛けの在り方もあるでしょう。
一夜の眠りが確保出来て良かったです。

別の方は、すぐにベッドでは眠りにくいようで、
ソファーでうとうとするまで座っていてから
ベッドに移る。すると睡眠時間が長くなったりします。
ソファーでの座位をしばらく続けた方がすぐに横になるより
体の緊張が抜けるように見受けられました。あくまで仮説ですが。


いつもこの様に上手くいくとは限りません。
でもこのアプローチの積み重ねが大事だと思います。

そして、落ち着きへ誘う「仕掛け方」も重要なのかな?と今回のことで再認識しました。
単に声掛けだけですませるのでなく、「その人になじむ事」。それを考え仕掛けてみる。

その場で、その瞬間での判断がこの仕事には必要だと思います。
この「仕掛け方」には日々の観察からのインスピレーションがあるのではないでしょうか。
そしてそれは「意識して仕事をする」ことから生まれるのではないでしょうか。

その人を見て考え提案することはまるで「マーケティング」ですね。
その人個人のして欲しいこと、されてうれしいこと、を視ることですから。

それでもまだまだ快適に、
「ここで生きていていいのだ」と思ってもらえる環境には遠いです。

だけど、こうした生活に密着した些細な事も積み重ねが「仕事の質」を
変えていくのかとも思っています。


これからも考え実践してみようと思います。


スポンサーサイト
[ 2011/10/18 22:58 ] マーケティング | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uenokisou118.blog.fc2.com/tb.php/41-e10db873







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。