にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

昔の本って面白い。

のっけからなんですが、ジェームズLウエッティからランディ・ウエッティに名前変えました。

今、鈴木大拙氏の真宗入門と養老孟司士の唯脳論・対話編を読んでいます。
どちらも30年・20年前の本ですが、今現在と引き比べて読んでみて面白いのです。
新刊ばかりが本じゃないですね。

本の効用は、重く沈んで行きがちな心を引き留めてくれます。
もう少し生きていようかな?と思わせてくれます。
(モノによったら死んでしまいたい!となるのでしょうが・・・)

TVをみても軽さばかりが目立ち落ち着いてじっくり楽しめるものが少なくなりました。
ニュース番組でさえ、そういう傾向があります。アナウンサーの語り口調もプロ?と
首をかしげる場合がありますし。

本は、持っている情報が変わりません。何十年経とうが記されたことが残っています。
その頃の人たちの息遣いが感じられることもあります。
休日に本棚を見直してみるのもいいかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2011/10/31 17:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uenokisou118.blog.fc2.com/tb.php/44-7fa30d27







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。