にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年を振り返る

 今夏、ブログを立ち上げて気が付けば今年もあと2日で終わってしまいます。
 皆さんいかがお過ごしでしょうか?ウエッティです。

 さて、今回のタイトル「今年を振り返る」ですが、一言で今年を表すと
どうでしょう?私自身は「擦(ずれ)」かな?やる事、なす事、上手く
いっているのか悪いのか?私個人ずれまくった一年だったような気がします。
 何もしていないわけではないのですが、覚悟も決めて行動もしたのですが、
自分の理想と現実のギャップは広がるばかりです。
たぶんこのずれは来年も解消しないでしょう。それはあるものと心に決めて
おくほうがいいと思うのです。
 ただ、諦めているわけではありません。仕掛けて待つことも大事かな?と
思うのです。それとしっかり準備しなくてはいかんなと。

 勉強不足であるし、力不足を痛感した年でした。
月を追うごとに心騒ぐ状態でしたね。きっと、深く考えようとすればするほど
深みにはまる状態に似ています。スランプのような心境です。
(まあ、今でもそうですが・・・)
もがく時なのだと思います。逡巡する時期なのでしょう。そうして成長するの
だと思います。

 どうしたって今年は震災のことが付いて回ります。深刻になりがちです。
なんとなくあるだろうな。と思っていたことが現実になってしまったのですから。
(これが敦賀のもんじゅだったらもっと被害は深刻だったかもしれませんが)
だからこの心のなかに石が詰め込まれたような気持ちは死ぬまで消えないかも
しれません。原子炉の放射線は自然には消えにくいものですから。

 こうして書くとネガティブ一辺倒になってしまう・・・
(ツイッターをさかのぼって読むと3・11前後で内容が変わってしまいました。)

 こういう混とんへ進む世の中は今も昔も変わりなくあり、人々は
考え続けていました。そういった叡智や歴史を振り返り、未来に生かさなくては
いけないと思います。きっと今年以上に大変な事になる!と覚悟しておいた方が
いいし、その上で「希望」を信じたいのです。自分の生活を精一杯生きていかな
ければ、未来は続かないでしょう。

 生きる覚悟を考える時、価値観や欲望の尺度を自分中心なのと、もうひとつ別
のものを持っておければいいと考えるのです。私自身、どうしても「人から認め
られたい」とか「評価」されたい。とか思ってしまいます。それが自分のあり方
をゆさぶります。自分自身のしがらみから抜け出せなくなります。そこで別の尺
度が欲しいのです。

 ならどうすればいいでしょう?自我を無にする事が出来れば簡単ですが、そん
なことはやっぱり難しいです。生きている以上自分がかわいいですもの。
なので自我を棚上げできないかなぁ?と思うのです。ある意味世間の評価を気に
しない状態に心のチャンネルを切り替える。そういうことが少しでもできればい
いなぁ、と思います。その切り替えのテクニックが哲学や宗教的発想なのかな?
と思います。

 私の生活のなかであるとすれば「親鸞上人」の哲学でしょう。この人は「念仏
を称えれば救われる」という法然上人の教えを信じました。この信じ方がすごい
です。「この教えを信じてたとえ地獄に落ちても私は後悔しない。」そういう覚
悟がありました。なので国家から僧籍をはく奪されようが僻地へ追放されようが
信仰を捨てなかった。「死んでも浄土へ行ける」この安心感があるからこそ、今
生きていることに妥協がなかったのでしょう。
 まあこの覚悟までは持てないにしてもこの別の価値観が大事なのかもしれませ
ん。しかし「共感」するものがなくては人間生きていけませんから、バランス感
覚や「伝える能力」は磨かないと実感もしています。このへん難しいですよねぇ。
ずっと失敗ばかりです。

 この「安心感があるがゆえに一生懸命生きられる」。これがこれからの世の中
には必要なのではないでしょうか?私たち介護職も知っておくことの一つではな
いか?そう思うのです。
老いても病んでも命は大切です。だって作り直すことが出来ませんから命は。
それゆえ大切です。でも「死にたい、早くお迎えを待っている」
「こんなになって生きていても仕様がない」と言われた時、うわべの言葉は無力
です。その時どう聞けばいいのか?話せばいいのか?どうすればいいのか?また、
会話ができなくて体も動かせない。そういう人にどうしていけばいい?そのご家
族の気持ちはどうなのだろう?

 この問題にしり込みして「深く関わらない」。これも一つのやり方でしょう。
でもそれだけでプロと言えるでしょうか?プロであるなら考えなければいけない
と思います。高齢者はこれから多くなります。否応なしにこの問題を突き付けら
れるケースが増えるでしょう。いうなれば「死生学」の範疇に入るかとも思います。
この対応をすれば大丈夫!というようなステレオタイプの対応ではありませんが、
共に考えるだけの素養は必要だと思います。
(こう言うからには勉強しなければいけないなぁ~)

 こうして今年を振り返ると、やらなければいけない事が見えてきます。
こうした介護論や介護技術のテキストも新人用に作っていきたいと思いますし。
やりたいことと実力がともなっていないジレンマを感じる一年でした。

 とは言うものの、こうして仕事があり、励むことができるのは幸せなことです。
 感謝です。

 
スポンサーサイト
[ 2011/12/30 01:24 ] 雑記 | TB(0) | CM(4)

No title

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致しますi-237

ウエッティさんの知識をバンバン吸収して勉強するつもりですので、
今年もジャンジャンお願いしますねi-217
[ 2012/01/02 19:35 ] [ 編集 ]

火星さんへ

吸収するくらいのネタを仕込むべくがんばります。今年も宜しくお願いします。たなかいごさんみたく軽妙洒脱にはいかないでしょうけど。
[ 2012/01/03 21:54 ] [ 編集 ]

Re:

明けましておめでとうございます(^O^)

まっ
なんとかなります(*^-^)bお互い頑張りませぅ〜

今年もよろしくです
[ 2012/01/04 06:16 ] [ 編集 ]

きみきみさんへ

あけましておめでとうございます。
といっても仕事始めも澄んだ時期ですが。

今年はいい年だったと言えるよう面白くしたいです。
今年も宜しくおねがいします。
[ 2012/01/04 18:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uenokisou118.blog.fc2.com/tb.php/52-8a9c97b0







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。