にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年も始まりました。

今日は1・11、年が明けて10日たちました。
いかがお過ごしでしょうか。

インフルエンザやノロに注意しましょう。
対策たてても入り込んでくる奴らですが。

さて夜勤前の静かな時間にブログを書いています。
子ども達も授業が始まり家は静かです。
この稼業は平日の時間が取れるのがいいです。
サラリーマンの時はこういう時間は持てなかった。
この前労働時間と年収のバランスを今と比較したら
意外な事に時間当たりの給与は変わらなかった。
それだけ会社に拘束されていたのです。生活を守る
とはいえ、きつかったですから。

なので、仕事の質をあげたら労働生産性は以前よりも
増すことになるのではないでしょうか?
(朝の8時に出社して22時くらいまで平気で仕事
 して、土曜日も休日出勤したり。それでも実績が
 上がらなかったのは根本的に問題があったと
 いまは思えます。)

でもそれだけ必死に立ち向かっているのですよ。
世のお父さん達は。

だから、仕事に対する温度差を感じる時があります。
介護業界で果たして何%の人がそのくらい仕事に
喰らいついているだろうか?と。
給料が安いことの補てん策はセカンドジョブを持つ
ことも一つの方法かもしれません。(就業規則の
修正が必要かもしれませんが)

それと、介護理論や哲学と、介護技術への取り組みの
意欲が低いな~。と思う時があります。
自分の仕事を高めようという考えがないのだろうな。
日々の業務(仕事でなく)が過ぎていけばいいな。
そういう事なかれ主義があると感じざるを得ません。

そうなると、いくら理論や技術を叫んでも定着しないでしょう。
意欲や意識が聞く姿勢にならなければ言わない方がいいかも
しれません。(ブッダも同じような事を言っていたようです)

なので気持ちを変えることも考えていかないと
職場の環境も変わらないのだろうな、と思うのです。

そうなると、他人よりもまず自分の気持ちを変えていかなければ
いけないでしょう。
そんなことを考えていた年明けなのです。

そういう気持ちで雑記帳をめくっていると、
前にメモしてあった文章に行き当たりました。

ハンドヒーリングの創始者の方が言っていた言葉です。
(何か調べ物をしてなにげなくメモしていたことを思い出しました)

「今日だけは 怒るな 心配すな 感謝して 業に励め 人に親切に」

内容は当たり前のことなのですが、自分の小さなこだわりから
逃れられないことへの答えを教えられた思いです。

過去の自分が未来の自分のために準備していたみたいです。
心が欲しないと言葉は響かないのですね。

今日の夜勤は怒らないようにします・・・たぶん。
スポンサーサイト
[ 2012/01/11 13:44 ] マネジメント | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uenokisou118.blog.fc2.com/tb.php/53-53c04513







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。